スポーツ政策を策定 UAゼンセン

2013.03.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

行政刷新し国家戦略に

 UAゼンセン(逢見直人会長)は、周辺関連産業が多い“スポーツ”に焦点を当てた産業政策を策定した。関連用品の製造や小売、スポーツ施設の運営など、同産別の3部門にまたがる対象企業が存在するため、スポーツ産業を振興するための同政策を通じ、幅広い経済効果と従事労働者の雇用の安定をねらう。

 伝統的な競技スポーツに捉われていないのが特徴で、「健康」「ファッション」「レジャー」など対象領域を幅広に解釈。「スポーツで日本を元気に!」をスローガンに、①働く人を中核に多くの人のスポーツ参画で感動・活力ある社会と人生を!」、②「スポーツを支える人たちに光を!」の2つの視点でまとめた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月11日第2912号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ