医師の働き方改革 「応召義務」廃止訴え 長時間労働の温床と

2017.09.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

勤務医や弁護士が提言

 時間外労働の上限規制を他の業種より5年遅れで適用する方針が打ち出されている「医師」について、現場の勤務医や過労死裁判を手掛けてきた弁護士らが9月9日に関連シンポジウムを東京で開催し、「応召義務」を廃止すべきなどと提言した。患者からの診療要請を正当な理由もなく拒んではならない義務とされるものだが、長時間労働の温床になっているとみる過労死弁護団の川人博弁護士は、「憲法違反論争をしてもおかしくない医師の人権侵害を容認するような規定。廃止すべきだ」と強く訴えた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月25日第3130号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ