【今週の視点】積極化すべき労働改革

2014.02.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

時間規制の見直しへ 従来の延長線では不十分

 わが国の社会・経済の一層の発展のために、抜本的な労働規制改革が必要――産業競争力会議の雇用・人材分科会がさきごろまとめた「中間整理」は、グローバル化への対応や泥沼化した長時間労働の抑制に向け、日本型雇用システムの大胆な見直しを求めている。もはや労働規制改革を従来の延長線上に留めておくことはできなくなっている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月17日第2957号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ