【今週の視点】労働時間適正把握で残業減

2017.09.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

心の健康にもプラス 過労死防止めざし対策を

 厚生労働省は、平成29年版過労死等防止対策白書の基礎データとなる調査結果をまとめた。労働時間を正確に把握することで、残業時間削減や年次有給休暇の取得増加、メンタルヘルス状態の良好化につながることが分かった。残業の許可制導入も残業減少に効果があった。企業は、労働時間の適正把握に関するガイドラインを参考に対策を進めてもらいたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月4日第3127号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ