【今週の視点】「毒」ある一面の認識を 働き方改革 成長阻む可能性も

2019.03.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

仕事に没頭するも良し

 働き方改革はもちろん否定しない。ただ長時間労働は「悪」で撲滅すべきものとする風潮が蔓延するのもどうかと思う。時間のことなど気にせず仕事に没頭することはいけないこと? 職業人としての成長を阻む面はない? もしそんなことがいえるなら、右へ倣えの改革には一種の「毒」が含まれているともいえる。そんな視点も忘れず生産性向上に取り組んでほしい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月25日第3202号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ