【今週の視点】頓着ない経営者は危ない

2017.11.09 【労働新聞】

強まる労働時間指導 上限規制に向け心得を

 最速だと2019年4月から施行される改正労働基準法の主たる柱は労働時間に関する部分。日本で初めて「罰則」が付く時間外労働の上限規制がスタートすることになる。その際、企業が上手く軟着陸できるよう行政指導も強まっており、無頓着に過ごしていると痛い目に遭う日もそう遠くないと心得たい。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年11月6日第3135号7面

あわせて読みたい

ページトップ