【今週の視点】業態特性に霞む個人の命

2014.02.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

限度除外に合理性 過労死で東京地裁判決

 労働者の過労自殺の責任が、36協定の締結当事者である労働組合や規制権限を行使しなかった国にもあるかが問われた新興プランテック裁判。一審は双方「責任なし」としたが、国が被告事業に限度基準を設ける義務はないとした理由を、「経済活動を不当に制約する可能性があるから」と述べたのは命より経済を優先させたようにみえる。冷酷に感じるがどうか。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月3日第2955号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ