【追跡レポ】オリックス/職種転換制度を拡充 キャリアセレクト制度 大変な時期は役割縮小

2013.04.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

育児・介護などで選択 1年経過後に再転換可能

 オリックス㈱(東京都港区、井上亮社長、従業員数・連結1万8647人、単独2910人)では、女性社員のキャリアアップを目的とした既存の職種転換制度に対し、ダイバーシティの推進に向け、逆方向への職種転換を可能とする「キャリアセレクト制度」を新設した。育児や家族の介護などで、現在の職種・等級に求められる役割や成果責任の発揮が困難な場合に、役割を限定した職種・等級へ転換できる。1年経過後から、自らの申告に基づき、元の職種・等級への再転換が可能。柔軟な働き方を支援することにより社員の定着につなげる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月1日第2915号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ