【賃金事例】富山第一銀/等級・役職のウエート拡大 定昇は35歳までに縮減へ 転居ない新コース設ける

2015.01.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ㈱富山第一銀行(富山県富山市、横田格頭取)は今年4月、等級・役職に応じた給与のウエートを高めるなど、大幅な人事制度改革に踏み切る。定期昇給の上限を現在の45歳から35歳へ引き下げる一方、等級を大括り化して役職との結び付きを強め、職務・役割重視への転換を図る。同時に勤務地が限定される特定総合職コースを新設し、サテライト店舗の支店長をめざすキャリアパスを明確にした。あえてコース別採用は行わず、入行後3年間をめどに基本業務を経験させたうえ、3等級への昇格時に自らコースを選択する仕組みとしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年1月12日第3000号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ