初任給の学歴差 3万円に縮める 高知銀行

2024.06.11 【労働新聞 ニュース】
  • list
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 学歴による初任給差を6.4万円から3万円に――㈱高知銀行(高知県高知市、海治勝彦頭取)は、2025年春入行の高卒初任給を現行の16.1万円から5.9万円引き上げて22万円に改定する。大卒・院卒については2.5万円引き上げて25万円まで高める。

 同行は今後、役割や職務を重視した等級制度の導入を計画しており、「既存社員との給料逆転が起こらないよう、若年層の賃金引上げも行う」(同社人事総務部)と話している。

 現行制度の大卒・院卒は総合職、短大・専門卒と高卒は一般職といったコース分けは廃止し、転勤の有無を選択可能にすることなどを検討している。

令和6年6月10日第3452号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。