伐木作業で指針策定 チェーンソー災害防止へ 厚労省

2016.01.14 【安全スタッフ】

 厚生労働省は、林業でチェーンソーに起因する労働災害が多発していることから、「チェーンソーによる伐木等作業の安全に関するガイドライン」を策定した。作業の際に着用する保護具として「防護ズボン」を指定したのが大きな特徴となっている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成28年1月15日第2250号

あわせて読みたい

ページトップ