【今週の視点】役割概念は無限定を守れるか

2017.07.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

解釈の範囲広がる 事業段階でのみ区分も

 リーマン・ショックを機に鎮静化した感のあった新人事制度への抜本的な転換が、ここに来て少しずつ増えてきた。人材管理の基準に"役割"を選択する企業は相変わらず多く、なかにはその概念を大きく押し広げるケースもみられる。ダイバーシティや働き方改革が従来型の"無限定性"を包囲するなか、役割概念への期待はさらに増している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月24日第3122号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ