治療と職業生活 両立支援へ動画 健康安全機構

2017.05.05 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

テスト (独)労働者健康安全機構は、治療と職業生活の両立支援を促すために、インターネット上で啓発動画の配信をスタートさせた。併せて事業者・労働者両方に向けたリーフレットを作成し、周知啓発活動を積極的に進めている。
動画では、がんを発症した社員と、その上司、人事労務担当者とのやり取りをドラマで解説するほか、実際にがんを経験した会社役員のインタビューを示し、企業の対応のあり方などを考えるヒントを提供していく。事業者向けリーフレットでは、継続的な人材の確保や、労働者のモチベーションの向上などの観点から、がんなどの治療への配慮が円滑に進むような職場風土の醸成、相談・申出を行える相談窓口の明確化などを求めている。

関連キーワード:
[平成29年5月1日付2281号] 掲載

あわせて読みたい

ページトップ