小売業の安全確保へ協議会 千葉労働局

2022.08.05 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 千葉労働局(江原由明局長)は、小売業の労働災害が増加傾向にあることを受け、多店舗を展開している企業などと、「千葉県小売業+SAFE協議会」を設立した。7月27日に設立会議を開き、「労災防止に向けて協力し、機運醸成や情報共有を図る」とした共同宣言を採択している(写真)。

 参画企業は、イオンリテール㈱、㈱京成ストアなど県内に本社がある企業5社。アドバイザーとして千葉産業保健総合支援センターも加わる。

 会議では、「転倒災害が増え続けている」、「人手不足で対策が疎かになった」、「安全意識の高め方が分からない」などの共通課題を確認した。今後は協議会で、好事例の共有や現場の相互パトロール、専門家による講演会開催などに取り組む。

令和4年8月8日第3364号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。