高プロ導入は21社 施行4年経過も広まらず 厚労省

2022.08.01 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 高度プロフェッショナル制度の導入企業数が21社(22事業場)に留まっていることが、厚生労働省のまとめにより分かった。令和4年3月末までに受理した決議届を集計したもので、制度施行から4年が経過した現在も低調な状況が続く実態が浮き彫りになった。

 対象労働者数は665人で、3年3月末から113人増加した。業務の種類の内訳は、金融商品開発が0人(3年3月末1人)、ファンドマネージャーが78人(同79人)、証券アナリストが…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年8月1日第3363号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。