技術士育成を体系化 若手に27の研修項目 建設技術研究所

2022.07.25 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 建設コンサルタント大手の㈱建設技術研究所(東京都中央区、中村哲己代表取締役社長)は、技術士に求められる「初期専門能力開発(IPD)」の考え方を採り入れ、若手技術者向けのIPDシステムを全社的に導入する。技術士をめざすうえで身に着けるべき能力開発項目として5種類27項目を設定したもので、項目ごとに学習用コンテンツを用意し、若手に就業時間中の受講を促す。7月から試行を開始しており、今後コンテンツを揃えて来春から本格運用を開始する。

 国家資格である技術士は、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年7月25日第3362号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。