ムダ削減を全社展開 上限規制対応へ標準化 ダイダン

2022.07.04 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 総合設備工事業者のダイダン㈱(大阪府大阪市、藤澤一郎代表取締役社長)は、2024年4月からの上限規制適用を控え、長時間労働の是正をめざす「SMILE2024プロジェクト」を開始した。全社的にムリ・ムダ・ムラをあぶり出して業務を標準化し、ITツールを普及して効率化を図る。各部署・現場の状況を把握するため、すでにライン課長や現場代理人レベルからのヒアリングを進めている。

 同社では、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年7月4日第3359号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。