ロール機事故体感VRを共同で開発 明電舎と中災防

2022.06.14 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ㈱明電舎と明電システムソリューション㈱、中央労働災害防止協会は、共同で「VR安全体感教育」の新たなコンテンツを開発した。製造業の現場では、はさまれ・巻き込まれにより重篤な労働災害となる割合が高いことから、共同開発の第一弾として、ロール機での事故をバーチャル体感する「ロール機への巻き込まれ」編を5月25日にリリースした。

 中災防が労働災害発生のシナリオを作成を担当し、明電舎などがVRコンテンツを制作している。

2022年6月15日第2404号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。