【トピックス】死亡災害撲滅へ決起集会 形骸化した安全活動の活性化を/東京労働局 建災防東京支部

2022.05.27 【安全スタッフ ズームアップ・スポット・トピックス】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京労働局(辻田博局長)は、管内での建設業の労働災害急増を受け、建設業労働災害防止協会東京支部(松井隆弘支部長)とともに取組み強化に向けた決起集会を開催した。災害増加の背景には安全衛生管理活動の形骸化や元請け・下請け間のコミュニケーション不足があるとしており、建設現場での決意表明と墜落防止対策、新規入場者教育などの対策を推進することを確認した。

前年2倍の発生件数に

 昨年、管内の建設業で発生した死亡災害は28人(速報値)で、前年の14人(確定値)から倍増。今年は4月6日時点で10人が死亡し、前年同期を上回るペースとなっている。

 足場の組立・解体中に墜落制止用器具を使わずに足場から墜落・転落したケースなどが目立っており、同労働局では、災害増加の背景に元請け・下請け間のコミュニケーション不足や安全衛生管理活動の形骸化があるとみている。

 災害増加に歯止めが効かない状況を受けて、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年6月1日第2403号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。