【特集2】「ビルメン体操」で転びにくい体を すき間時間に柔軟性アップ/東京ビルメンテナンス協会

2022.05.27 【安全スタッフ 特集】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 労働者の高齢化などを背景に転倒災害の発生が目立つビルメン業界。東京ビルメンテナンス協会では、日常的に運動を通じて転倒予防に努めてもらおうと協会オリジナルの「ビルメン体操」を考案した。太ももや体幹のストレッチ、つま先立ちなどで身体の柔軟性や筋力を高めるもので、仕事前の短い時間に簡単に取り組むことができる。解説動画と周知用のカードを作成し、会員を中心に業界内での周知を図っている。

労働災害の半数近くが「転倒」

 東京労働局の集計では、都内のビルメンテナンス業で発生した労働災害のうち、約45%が転倒を原因とするものとなっている。全産業の災害全体に占める転倒災害の割合が約25%なので、ビルメン業では他業種に比べて転倒災害の割合が突出して高い。労働災害がなかなか減少しない状況を踏まえ、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年6月1日第2403号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。