指差唱和で毎朝安全確認を 災防計画最終年の取組みを示す 林災防

2022.05.02 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 林業・木材製造業労働災害防止協会は、林材業労働災害防止計画(5カ年計画)の最終年に当たる今年の取組み内容をまとめた。会員事業場の実施事項では、リスクアセスメント、安全衛生教育、高年齢労働者対策などの着実な実施とともに、再発防止対策をまとめた「今日の作業ポイントカード」の利用を促進することとしている。カードは安全な作業のポイントを示したもので、同協会のHPからダウンロードして毎朝の指差唱和などで活用できる。順守事項が日常の作業に反映されているか、班長などにチェックさせることとした。同協会支部では、地方駐在安全管理士が集団指導、現場安全パトロールを行う際に、最終年の取組事項を周知し、対策の実施状況に不備があればその場で指導、助言を行うとしている。

メルマガ新着ニュース 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。