体力チェックが有効 水準未満なら環境改善を 厚労省・高齢者の働き方で指針案

2020.01.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省の「人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議」は報告書案を取りまとめた。労使の取組みを促進するガイドライン(案)を示している。高齢者の労働災害を防止するため、事業者、働く高齢者双方が体力の状態を客観的に把握することを重要視。事業者は体力に合った作業に従事させるとともに、高齢者は自らの身体機能の維持向上に取り組めるよう体力チェックを継続的に行うことが有効とした。

 具体的には、労働者の気付きを促す狙いから、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年2月1日第2347号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ