不妊治療支援 北ガスを表彰 厚労省

2022.04.18 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は令和3年度の「不妊症・不育症サポート企業アワード」の大臣表彰で、最優秀賞に北海道ガス㈱(北海道札幌市、大槻博代表取締役社長)など2社を選定した。同表彰は昨年度から始まったもの。

 同社は昨年6月、従業員アンケートの結果を踏まえ治療費の補助制度や休暇制度を整備した。

 治療費の補助制度では、保険適用外の部分に対して最大7割を支援する。休暇については、年次有給休暇の未消化分を50日まで保存できる「積立て年休」の利用事由に不妊症治療などを追加した。このほか、社内に専用の相談窓口を設置したり、婦人専門科医師を招いて社内セミナーを実施している。

令和4年4月18日第3349号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。