印刷127社で新企業年金基金 確定拠出も併用可能 印刷メディア企業年金基金

2022.04.07 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

他業種からの加入視野に

 印刷業界の2つの企業年金基金が合併し、印刷メディア企業年金基金(東京都中央区)が設立した。旧・印刷工業企業年金基金が存続基金となり、旧・東日本印刷関連企業年金基金(宮城県仙台市)の権利義務を引き継いだもので、設立申請時点の加入者は127社、計3509人に上る。合併により確定給付企業年金は1口1000円の掛金口数制、利息付与1.5~2.5%のキャッシュバランス制度に統一され、確定拠出年金加入も含めた柔軟な設計を可能とした。他業種からの加入を視野に入れ、名称も「印刷メディア」と幅を持たせている。

 合併したのは、印刷工業企業年金基金(山口明義理事長。以下、印刷工業基金)と、宮城県仙台市の東日本印刷関連企業年金基金(藤井治夫理事長。以下、東日本基金)。スケールメリットを…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年4月11日第3348号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。