継続教育実践でマニュアル 企業型確定拠出年金

2015.05.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 企業年金連合会(村瀬清司理事長)は、企業型確定拠出年金の「継続教育実践ハンドブック」を作成した。

 同連合会では、これまで「教育投資ハンドブック」「制度運営ハンドブック」をまとめてきたが、さらに継続教育の取組み支援を望む声が強まっていた。

 「継続教育実践ハンドブック」は、30社の継続教育に関する好事例を紹介するとともに、企画から実施、媒体の検討・検証までを明らかにしたマニュアルとなっている。

 社会保障審議会企業年金部会が今年1月に示した「議論の整理」において、加入者の投資知識向上に向け、継続投資教育基準の明確化の必要性を提言していた。

関連キーワード:
平成27年5月25日第3018号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ