フィットテスト実演で理解促す 東京衛生管理者協議会

2022.04.01 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京衛生管理者協議会(吉川智明会長)は3月8日、中労基協ビル(東京都千代田区)で「令和3年度第2回研修会」を開催した。研修では、㈱重松製作所マーケティング本部の渡邉雅之企画部長が「マスクフィットテストについて」と題し講演。渡邉部長が実際にマスクを装着して測定器を使った定量的フィットテストの実演を行った(写真)。

 東京労働局労働基準部の関憲生健康課長が「最近の労働衛生行政の動向について」と題した講演では、職場における新型コロナウイルス感染症予防の取組みや治療と仕事の両立支援などを解説した。

関連キーワード:
2022年4月1日第2399号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。