災害多い企業本社へ直接指導 チェックリスト活用し取組み促す 厚労省・三次産業の安全推進運動で

2017.01.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ch2362 厚生労働省と中央労働災害防止協会は、労働災害の発生件数が多い小売業、社会福祉施設、飲食店の3業種への取組みを強化するため、「働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」をスタートさせた。厚労省は、死傷病報告の提出が目立つ多店舗展開企業などの本社に対し、労働局や労働基準監督署の職員が直接訪問するなどして、経営トップによる安全衛生方針の表明、作業マニュアルの作成・周知などの取組みについて指導する。店舗などでは安全担当者の選任が義務付けられていないため、安全衛生活動が低調な状況にあるとみており、本社主導による全社的な災害防止対策が効果的と考えている。中災防では2~3月に本社担当者向けの研修を行う予定だ。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

[平成29年2月1日付2275号] 掲載

あわせて読みたい

ページトップ