【特集2】自動車メーカーの火災予防活動を公開 発生要因と再発防止策示す/(一社)日本自動車工業会

2022.02.25 【安全スタッフ 特集】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 (一社)日本自動車工業会は昨年11月、会員メーカーの火災発生事例や防火対策などをデータベースとして公開した。2020年から始めた自動車5団体連携活動の一環として事例を収集し、火災原因の調査過程や再発防止策として行っている横展開ルール、ハード・ソフト面からの改善例などを写真付きで紹介している。部門横断のクロスチェックなど点検体制も参考になる。

自動車5団体が相互連携

 日本自動車工業会(以下、自工会)、日本自動車部品工業会、日本自動車車体工業会、日本自動車機械器具工業会、日本自動車販売協会連合会の自動車5団体は、2020年4月から相互連携による活動を強化。生産性の向上や人材育成支援など業界の課題解決に向けたテーマを設定して、会員向けに情報発信をしている。

 昨年は、産業現場での火災事故が増えているという会員の声をきっかけに、火災予防活動の収集に取り組んだ。今回は自工会の会員である自動車メーカー14社から自社や取引先企業の対策事例を集め、「点検・啓蒙活動」「発生要因」「プロセス評価」「外部知見活用」「未然防止」「初期消火」「ルール/仕組み」「点検/分析評価」のカテゴリに分類してHPに掲載した。

 資料1はF社の事例(※アルファベットはデータベース掲載上の表記)で、完成エンジン領収運転台の稼働時に、排気ダクトからの煙と炎を作業者が発見。消火器による初期消火後に、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年3月1日第2397号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。