「OKR」採り入れた工事業者など300社を選定 中企庁 はばたく中小企業300社・2021年度分

2022.02.12 【Web限定ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 中小企業庁は、ITサービス導入や経営資源の有効活用などでの生産性向上、働き方改革や円滑な事業承継などによる人材育成など、様ざまな分野で活躍している中小企業・小規模事業者を「はばたく中小企業・小規模事業者300社 2021」として選定した。300社は、「生産性向上」「担い手確保」「人材育成」の3観点でまとめている。

 人材育成部門では、評価制度内に目標管理手法の1つであるOKRの考え方を採り入れた電気設備工事業者をはじめ、一人3役をこなす多能工化に取り組む食料品製造業者、測量作業にドローンを導入して女性活躍を進める建設業者などを選出している。

 300社の取組みをまとめた事例集は、中企庁ホームページからダウンロードが可能。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。