【特集1】「先ヒヤリ」で事故のない職場を リスク評価し改善につなげる未然防止の体質づくりへ/日本スピンドル製造

2022.02.10 【安全スタッフ 特集】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日本スピンドル製造㈱(兵庫・尼崎市)は、実体験したヒヤリだけではなく想定されるヒヤリハットを報告し、改善につなげる「先ヒヤリ活動」に取り組んでいる。毎月テーマを設定し、身の回りで関連する危険がないかを考え、想定したヒヤリのリスク評価から危険の芽を摘む職場改善へとつなげる。注意表示などの管理的対策にとどまらず、根本的な要因を検討して対策を講じることで、災害を未然に防ぐ体質づくりを目指している。生産・工事部門のみならず、事務部門を含めた全社的な活動として定着しつつある。

ヒヤリハット活動の定着を目指して

 日本スピンドル製造は、自動車部品などを加工する機械を生産する産業機械事業、集じん機の製造・設置を行う環境事業、空調・冷熱事業が主力の機械メーカー。100年以上に渡る歴史を持ち、暮らしのなかで活躍するさまざまな機械の製造を通してモノづくりを支えてきた企業だ。生産・技術部門を中心に危険予知活動が活発で、長年継続してきた安全活動によって安全最優先の企業文化が根付いている。

日本スピンドルグループ 2021年度 安全衛生管理方針

1.年度方針 ~快適社会の軸になろう~
 日本スピンドル製造㈱および関係会社の安全衛生管理レベル向上を目指し、法令順守と労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)を基本に、職場最前線の声によるボトムアップを推進力とするPDCAサイクルをスタッフ、監督者がフォローする仕組みを確立する。
 危険予知活動とリスクアセスメントを軸にリスクを洗い出し、小さなカイゼンと望ましい行動の繰り返し実践によって、自分達の手で職場の安全と衛生を作り込む体質を身につける。
 全員が『絶対に災害・事故を起こさない!』強い意志を持ち、労使一体で人間尊重、誰一人取り残さない活動を展開し無事故無災害の安全で快適な職場づくりと顧客信頼の獲得を実現する。

2.安全衛生管理の目的
 一人ひとりが安全衛生活動に常に関心を持ち、真剣に考え、個性を活かしたチーム活動により、災害を起こさない、起こさせない、全ての関係者が働きやすい快適な職場を作り込む

 同社がここ10年で力を入れているのは、ヒヤリハット活動を通じたリスクの発見と改善活動。その背景には、ヒヤリハット報告が一過性のものになり、いまひとつ定着しないという悩みがあった。

 「社内のヒヤリハットは軽い物損などが多く、たまに大きなトラブルが起こって活発化しても、2年、3年と経つうちに下火になってしまっていた」と、同社安全衛生グループの西野高弘グループリーダーはいう。大事な報告を怠ったままでいると、問題が現場に埋もれてしまう。そこで、重大災害の予防に向けてヒヤリハットを顕在化するため、2012年から「先ヒヤリ」活動を開始した。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年2月15日第2396号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。