建設業の週休2日実態調査へ 好事例集作成し横展開 国交省令和4年度

2022.01.28 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 国土交通省は令和4年度、建設業へ罰則付き時間外労働上限規制が2年後に適用されることを見据え、建設業の週休2日の確保状況や労働時間の実態を調査し、好事例集の作成などを通じて横展開する考えだ。また、全地方公共団体の入札契約適正化の取組状況を調査・公表し、「平準化統一フォーマット」の普及・「平準化カルテ」の整備を図るとともに、個別団体への改善支援や進捗状況・取組みの「見える化」などによる施工時期の平準化などを推進するという。

 令和6年(2024年)4月から建設業に関しても罰則付き時間外労働の上限規制が適用されるため、週休2日の確保など長時間労働の是正に向けた建設業の働き方改革のさらなる徹底が喫緊の課題となっている。

 現状では、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年2月1日第2395号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。