技術力向上へ 研修施設開設 京都府のスーパー

2017.05.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 スーパーマーケットの経営などを行っている㈱さとう(京都府福知山市、佐藤総二郎代表取締役社長、5600人)は業務上の研修を集中して行う施設「さとうエクスパートセンター」を開設した。従来の研修活動は、各店舗で実施するか、外部施設を借りて行っていた。

 同施設内には、鮮魚や精肉加工、惣菜製造などを研修できる店舗同様の厨房を完備した生鮮研修室を4室備えた。レジ業務の研修も可能。店舗ごとに分かれて実施していた研修を集中して行うことで、技術力・対応力など必要な知識を効率的に取得させていく。

平成29年5月15日第3112号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ