評価結果は昇給反映 最優良賞に小売業・光洋輝く パート活躍企業表彰

2018.02.14 【労働新聞】

 厚生労働省は、パートタイム労働者の活躍推進に向けて他社の模範となる取組みを行っている企業を「パートタイム労働者活躍推進企業」として表彰した。最優良賞に関西地区でスーパーマーケットをチェーン展開している㈱光洋(大阪府=写真)、奨励賞に㈱サッポロドラッグストアー(北海道)や㈱常陽銀行(茨城県)など4社を選出している。

 講評の場で、審査委員長を務めた中央大学大学院戦略経営研究科の佐藤博樹教授は「働きぶりの評価と適正処遇」「教育訓練やキャリアアップ」など、4つの観点から選考を行ったと明かした。

 光洋では、業務・作業遂行、知識・技能など8項目に関して年2回人事評価を実施し、結果を昇給や正社員登用に活用。Off-JTにも積極的だ。好事例を吸収したり、コミュニケーションを活性化させたりすることを目的に、社内の複数の店舗を見学して回る「バスツアー」などを行っている。

掲載 : 労働新聞 平成30年2月12日第3148号3面

あわせて読みたい

ページトップ