職業紹介許可基準など見直し 厚労省・プライバシー重視

2017.05.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、5月30日(予定)に職業紹介事業と労働者派遣事業の許可基準を一部改定するとした。職業紹介事業では、事務所面積要件を見直して、プライバシー保護対策の実施に代える。

 職業紹介事業の現行許可基準では、事務所の面積要件を「おおむね20平方メートル以上」としている。改定後は、面積要件に代えて、求職者と求人者のプライバシー保護のための対策実施に改める。

 具体的には、職業紹介の「適正な実施」に必要な構造・設備として、個室の設置あるいはパーテーションなどでの区分を有することとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月15日第3112号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ