保護対象の拡大検討へ 建設石綿最高裁判決を受け 厚労省

2021.11.02 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は建設アスベスト訴訟の最高裁判決を受け、労働安全衛生法第22条(事業者の講ずべき措置等)と第57条(表示等)の保護の対象を労働者以外に広げる検討を労働政策審議会の部会で開始した。現行法で対象外となっている他社の事業主や一人親方、資材搬入などをする出入り業者も保護の対象にすべきか議論する。

 同法第22条は事業者に対し、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年11月1日第3327号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。