健康管理手帳の対象業務を追加 厚労省

2019.04.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、健康管理手帳制度の対象業務を追加する労働安全衛生法施行令改正案および労働安全衛生規則改正案について、労働政策審議会の了承を得た。

 同制度は、がんや重度の健康障害を生ずる恐れがある業務に従事していた人のうち、一定の要件を満たす人が離職する際などに手帳を交付し、無償で健康診断を実施するもの。

 政省令改正により、染料などの原料に使われるオルト―トルイジンの製造・取扱業務を手帳の交付対象業務に追加し、製造・取扱業務に5年以上従事した経験があることを交付要件とする。施行は今年4月上旬の予定。

平成31年4月1日第3203号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ