配置前健診を実施 情報機器作業で新指針 厚労省

2019.08.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を公表した。昨今の情報技術の発達や携帯情報機器などを活用した多様な働き方に対応するため、平成14年に策定した「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を見直したもの。健康管理を行うべき作業区分を改めるとともに、健康障害の防止に向けて実施すべき事項を提示している。

 新ガイドラインの対象となるのは、事務所において行われる情報機器作業。具体的には、パソコンやタブレットなどを使用して、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年8月12日第3220号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ