労使関与し規程作成 健康情報管理へ指針 厚労省

2018.09.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、「労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針」を策定した。情報の取扱いに関する規程の作成を事業者に求めたうえで、規程に盛り込む内容や策定方法、運用などを定めている。

 取扱い規程は、衛生委員会などを活用して労使の関与下で内容を検討するとした。作成後は、作業場の見やすい場所に掲示したり、イントラネットに掲載したりして労働者と共有する。

 記載内容には、情報を取り扱う目的と方法、取扱者の権限および取り扱う情報の範囲、同意の取得方法などを挙げた。

平成30年9月24日第3178号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ