荷主側の改善を支援へ 運送業者と連携し待機時間短縮 過重労働防止に向け試験事業 厚労省・国交省

2015.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省と国土交通省は、「トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会」の第2回会合を開催した。平成28年度にトラック運転者の過重労働防止に向けた労働条件改善のパイロット事業をスタートさせる。全国47都道府県の地方協議会が荷主企業をそれぞれ選定し、アドバイザーの個別指導などによってトラック事業者と連携した待機時間の短縮などの取組みを支援する。助成内容などは現行の枠組みを参考にする考えだ。2年度にまたがる試行期間を経て、阻害要因の洗出しや課題の整理を行い、30年度を目処に本格的に導入するという。会合では、優良モデルとして北関東にチェーン展開する小売業が行ったトラック事業者との改善の好事例を示した。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月15日第2248号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ