荷主へ改善提案し手待ち時間減少 味の素物流

2017.04.21 【労働新聞】
  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

小集団活動を通じて 生産性向上向け運動展開

 味の素物流㈱(東京都中央区、田中宏幸代表取締役社長、グループ合計=1900人)は、「パワーアップ10運動」と称し生産性向上に向けた社内での小集団活動を進めており、このほど好事例の発表大会を開催した。荷主に対し発注単位の改善を提案することで手待ち時間を短縮する活動をしたチームが最優秀賞に輝いている。今後も同運動を進め、生産性向上により生じた利益は労使で分配し、貢献者へ還元していく方針。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年4月24日第3110号3面

あわせて読みたい

ページトップ