求人不受理を拡大 育休理由の不利益取扱い 厚労省

2021.09.10 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、妊娠・出産や出生時育児休業などについて申出をしたことを理由とする不利益取扱いの禁止に違反した事業所の求人を不受理とする方針である。

 職業安定法では、求人の全件受理義務を課しているが、求職者の就業継続に重大な影響を及ぼす求人を未然に排除するため、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年9月13日第3320号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。