産業安全運動100年の節目に 東京で記念大会開く 中災防

2011.11.01 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 中央労働災害防止協会(米倉弘昌会長=写真)は10月14~16日、東京・千代田区で第70回全国産業安全衛生大会を開催した。

 開会式では米倉会長が、「我が国の産業が自主的な安全運動を始めてから今年で100年目に当たる。記念大会を通じて、安全活動がさらに進展し、安全衛生水準が一層向上することを心より祈念する」と挨拶した。

 会場では産業安全運動開始から100年の歴史を映像で振り返るとともに、安全文化構築に向けたシンポジウムも開かれた(次号に大会レポートを掲載)。

関連キーワード:
平成23年11月1日第2149号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。