センター開設し就業機会増やす PERSOL

2017.04.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 PERSOLグループで人材派遣事業などを行うテンプスタッフ㈱(東京都渋谷区、和田孝雄代表取締役社長)は今年4月、多様な働き方の実現に向け、埼玉県に「ジョブシェアセンター」を開設する。都心に通勤することなく働ける職住近接オフィスを整備し、育児や介護で就業時間が限られる労働者の雇用機会を拡大したい考え。

 同センターでは、週5日フルタイム以外の勤務形態が可能。パソコンを使わない封入・仕分け作業から専門知識が必要な作業まで多様な業務を用意し、同センター内でキャリアアップが図れるようにした。

 テンプホールディングス㈱の高橋広敏取締役副社長は記者会見で「潜在的な働き手が活躍できる場所を提供していきたい」と話している。

平成29年4月3日第3107号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ