安全確保を経営課題に 東京労働局

2012.08.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京労働局(山田亮局長)は7月5日、東京産業安全衛生大会2012を一ツ橋ホール(東京・千代田区)で開催した。

 都内では今年、労働災害が急増。山田局長は、「企業の人材獲得競争のなかで、安全な職場が確保されていることはこれからの重要な課題となる。経営課題のひとつとして、安全確保の優先順位を挙げてもらいたい」とし、今後安全に重点を置いた監督指導をしていきたいとした。

 会場では横河マニュファクチャリング㈱青梅事業所の木藤輝雄課長が、工場長自らが率先して行う2S3Tパトロールや、リスクの評価分析などの取組みを紹介した。

関連キーワード:
平成24年8月1日第2167号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。