製造業の5割に安衛法違反発覚 大阪労働局

2012.02.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪労働局(西岸正人局長)は、昨年11月15日~12月31日に実施した死亡災害防止緊急対策(12月15日号ニュース欄既報)の実施結果をまとめた。

 期間中に実施した監督指導では、製造業の51.7%、建設業の42.3%で労働安全衛生法違反が発覚。製造業では挟まれや巻き込まれにつながる「機械の原動機・回転軸などによる危険防止措置」が多く、建設業では墜落・転落防止措置についての違反が目立っている。

 緊急対策では、労働局・労基署幹部が大規模工場へ災害防止活動の強化を要請、さらに関係団体や発注者を含めた安全衛生パトロールを計35回行うなど、死亡災害増加に歯止めをかけるために集中的な指導も行われた。

 対策前の10月31日に前年同期比より5人多かった死亡災害は、1月10日現在で昨年同期を5人下回る54人となっている。対策前の取組みが功を奏した形となった。

平成24年2月15日第2156号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。