被扶養認定で特例 ワクチン接種業務を除外 厚労省・通知

2021.06.25 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は健康保険の被扶養者の認定について、特例を設ける内容の通知を発出した。新型コロナウイルスワクチンの接種業務に従事する医療職のワクチン接種業務によって得た収入は、被扶養者認定の際、年間収入に算定しないとしている。

 厚労省はワクチン接種のスピードを上げるため、仕事をしていない潜在看護師の掘り起こしをしている。潜在看護師のなかには、被扶養者になっている者も多く、ワクチン業務に携わると、扶養から外れてしまうのがネックとなっていた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年7月5日第3311号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ