子の行事参加者へ手当支給開始 リーフラス

2017.03.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 子供向けスポーツスクールを運営するリーフラス㈱(東京都渋谷区、伊藤清隆代表取締役社長、650人)は3月から、子供の学校行事に親社員が年次有給休暇を使って参加する場合に手当を支給する新制度を開始した。年5回まで、1回当たり2000円支給する。

 以前から積極的に年休を活用して、入園(学)式や授業参観、運動会といった子供に関する行事に参加するよう促していた。新制度はこれをさらに拡充したもの。

 同社は、「年休取得に向けて仕事の計画を組み立てることで、管理職の時間管理に関する意識が上がる効果もあった」と話しており、制度導入で一層の効果が見込まれる。

平成29年3月13日第3104号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ