死亡災害倍増で異常事態を宣言 滋賀労働局

2016.10.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 滋賀労働局(大山剛二局長)は9月21日、死亡災害が前年に比べて倍増している事態を受け、「死亡労働災害異常事態」を宣言した。管内の労働災害による死者は9月16日現在で11人。昨年同期の6人から大きく増加しており、滋賀労働基準協会会長などに宛てて労働災害防止を緊急要請している(写真)。

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2016年10月15日 第2268号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ