製造業で初のユースエール 滋賀労働局

2016.03.08 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 滋賀労働局(辻知之局長)は、空調・給湯機器の配管部品を製造している郷インテックス㈱(滋賀県草津市、鳥羽茂之代表取締役社長、従業員数90人)を若者雇用促進法に基づくユースエール認定企業とした。同労働局管内第1号かつ製造業では全国初の認定となる。認定書の交付式において同社は、労働時間削減や年休取得促進に苦労したと打ち明けた。時期により注文数に波があることから、生産計画を立てて綿密な管理を行い、繁忙期の残業を減らすようにした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月7日第3055号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ