電動ファンマスクに構造規格 譲渡・貸与を厳しく制限 厚労省安衛法別表へ追加の考え

2011.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、電動ファン付き呼吸用保護具について、新たに構造規格を定め、譲渡などの制限と型式検定の対象とする考えを明らかにした。労働安全衛生法の別表2と別表4に掲げている機械などで、譲渡の制限、型式検定の実施を義務付けており、現在、呼吸用保護具では防じんマスクと防毒マスクが対象になっているが、電動ファン付きマスクは、日本工業規格(JIS)が定められているだけで法的な強制力はない。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年1月1日第2129号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ